ブログでレビューよろしくです

ブログでレビュー


“北海道のおすすめホテル・旅館情報”や話題の“新商品・新サービス”をブログでレビューしています。 【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約


ブログでレビュー書いてます
北海道札幌市在住のpiyopipiです。
ブログでレビューを開始して6年経ちました。
ブログ開始当初と若干ブログの色合いが
変わってきつつありますが、これからも
話題の“新商品”や“新サービス”ほか
ブログで何でもレビューしていきます。

北海道のおすすめホテル・旅館レビュー
はじめました。 
ブログ更新頻度は滞りがちですが、
その分、1つ1つのレビューの質を
頑張って上げていきたいと思っています。
今後とも“ブログでレビュー”よろしくです。
             by piyopipi

★リッチな北海道旅行におすすめ!
小樽朝里川温泉の高級温泉旅館
⇒ 「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」レビュー


「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」レビュー

>>「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」 じゃらん宿泊プラン


★格安北海道旅行におすすめ!
小樽運河沿いの人気ホテル
⇒ 「運河の宿 小樽ふる川」レビュー


「運河の宿 小樽ふる川」レビュー

>>「運河の宿 小樽ふる川」 じゃらん宿泊プラン

xx ブログでレビュー最新レビュー xx
xxINFOxx

【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約

小樽朝里川温泉のおすすめ高級旅館「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」 

by ブログでレビュー
[小樽] ブログ村キーワード

北海道小樽市朝里川温泉にある高級旅館
「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」
高級デザイナーズ旅館として雑誌やTVでも
何度も紹介されているのでご存知の方も多いのでは?

北海道のおすすめお宿レビュー第二弾は
「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」の紹介です。

←写真「じゃらんnet提供」


小樽旅亭 蔵群(くらむれ)の “外観”


蔵群(くらむれ)の外観は名前の通り、蔵の群れ。
黒っぽい壁の蔵のような建物が数棟と
石垣があって看板はなし、見落とす危険性もあり。

小樽の倉庫群を意識してデザインされた建物は
一見旅館に見えず、中は一体…?と期待がふくらみます。

小樽旅亭 蔵群(くらむれ)の “ロビー&カフェ”


足を踏み入れるとまず目に入るのは
ソファが並んだ小さなスペースとその隣のバーカウンター。
ソファはフランスの建築家・コルビュジエ氏がデザインしたものだそうで
見るからに気持ちよさそうです。

その横をすり抜けて、まずはカフェコーナーへ案内されました。
一人用椅子はカッシーナだったか…かっこいいのに座り心地がいい。
小さめの窓からは美しい中庭が見えます。
なんとも落ち着くその空間で記帳しつつ、出された抹茶とお菓子を頂きました。

この時点でもう動きたくないくらいですが、
泊りに来たのだから客室へ移動します。
客室が中庭をぐるっと取り囲んだ造りで細い廊下を歩いて行きます。
小樽旅亭 蔵群(くらむれ)
差し込む日の光は計算されているのか
明るさと暗さの調和がちょうどよい。
さりげなく置かれた椅子や飾られた絵も、
「和と現代の融合」という蔵群(くらむれ)のポリシーを感じます。 

小樽旅亭 蔵群(くらむれ)の “お部屋”


お部屋は居間が1つと寝室が2つの構成。
19室ある客室は小樽ゆかりの方の名前がついていて、
内装はすべて違うデザイン。2度行ったことがありますが、どちらも最高でした。

1室はメゾネットタイプで階段があり、上にお風呂。
お部屋のお風呂も温泉&檜の浴槽、広さも十分でリラックスできます。
居間は畳で和室の造り、調度品も和骨董。
窓が小さく明かりも絞っていて少し暗めですが、
それがまた古き良き日本の感覚。

もう1室は階段の無いタイプ。
掘りごたつ風の造り付けの椅子にクッションが並べられ、座ると中庭が見えます。
小樽旅亭 蔵群(くらむれ)
畳ではなく白い床、家具は和風とアジア風がさりげなくミックスされて、
センスがいいけど気取らずくつろげるお部屋。

こんなふうに色んなお部屋があると、何度行っても楽しめそうです。
作務衣(さむえ)とガーゼの寝巻きがあり、
作務衣は大島紬だそうで、さすがに着心地がとてもいい。
入った瞬間から出る直前まで、ずーっと作務衣で過ごしてました。

小樽旅亭 蔵群(くらむれ)の “お風呂”


お風呂は、間接照明の中ジャズが流れる内風呂と、
川のせせらぎが聞こえる露天風呂。
広くはないけど混みもしないので十分のんびりできます。

お風呂場を出ると冷水機が置いてあるリラックススペース。
ここには香水がたくさん並んでいて自由に使うことが出来ます。

小樽旅亭 蔵群(くらむれ)の “お食事”


お食事は 部屋別の専用個室で。
「客室に食べ物の匂いが残らないように」という心遣いです。
夕食は掘りごたつ式のお部屋。
小樽の地元素材を生かした和食ベースの創作料理で、
道民でも「おぉ、この素材をこんな風に!」と楽しめます。

量はけっこう多くて、持って来てもらうペースを遅くしてもらった…
けど、ちびちび飲みつつ全て頂きました。
滞在中のお飲み物は全て無料、追加料金無しという
オールインクルーシブシステムの良さを存分に堪能致しました。

朝食はまた別の個室、こちらは椅子とテーブルです。
1人に1つ、大きな皿…
小樽旅亭 蔵群(くらむれ)
と思ったら、小皿が集まってひとつのお皿になっているのでした。
味ももちろん美味でした。

小樽旅亭 蔵群(くらむれ)の “バーカウンター”


夕食後にはまだまだお酒を堪能すべく、入って最初に見えたバー「クラルテ」へ。
小樽旅亭 蔵群(くらむれ)
ビール・焼酎・日本酒・カクテルとおつまみ、
ソフトドリンクももちろんあり全て無料。
ここぞとばかりにビールやらカクテルやら色々注文しました。
カウンター向こうの従業員さんは近すぎず遠すぎ離れすぎず、
暖かい距離感でいてくれます。
居心地よいのでラストオーダーまでずっとカウンターにいましたが、
頼めばお部屋や談話室などにも運んでくれます。

すぐそばに本とレコードが並んだライブラリーがあり、
飲みながら好きなレコードをかけて楽しみました。
CDじゃなくてレコードなのが
ゆったりした時間を感じさせてくれます。

そのほか、レコードが聴ける談話室や
予約すれば抹茶をたててもらえる茶室もあります。
覗いただけですが どこもこだわり抜いて選ばれた家具が置かれ、
居心地のいい現代の和空間を造りだしています。


小樽朝里川温泉のおすすめ高級旅館「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」


「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」は、
北海道の旅館として値段はかなり高いほう。

ですが建物・食事・サービス全てが上質で、
「お客様にくつろいでもらおう」という
暖かいおもてなしの心が感じられる、気取らない高級旅館。
今まで行ったことのある中で1番好きな北海道のおすすめお宿です。


>>「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」 じゃらん宿泊プランこちら

>>「小樽 朝里川温泉」 じゃらん温泉宿一覧こちら
 

小樽朝里川温泉のおすすめ高級旅館「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」 ブログレビュー記事 * ブログでレビューHOME *

小樽朝里川温泉のおすすめ高級旅館「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」

前のレビュー記事: 小樽運河のおすすめお宿 「運河の宿 小樽ふる川」



管理人のみ閲覧できます
xx xx EDIT
このコメントは管理人のみ閲覧できます


ブログレビュー記事
“小樽朝里川温泉のおすすめ高級旅館「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」” にコメントする











【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

★北海道のおすすめお宿レビュー第一弾
 小樽運河のおすすめお宿 「運河の宿 小樽ふる川」

★北海道のおすすめお宿レビュー第二弾
 小樽朝里川温泉のおすすめ高級旅館「小樽旅亭 蔵群(くらむれ)」


トラックバックURL
→http://bloreview.blog22.fc2.com/tb.php/257-f842632f



ブログでレビューHOME

Copyright © ブログでレビュー All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2ブログ